マカは妊娠しやすい?

マカ 妊娠

多産な女性が多い

マカは、ペルーのアンデス山脈4000m~5000m (ペルーのフニン県ボンボン高原)の高地の厳しい自然環境の中で 生育している、とても生命力の強い植物です。

マカは、ボンボン高原に住むインディオたちを中心に、 数千年前から食べられてきました。

アンデス高原で暮らす人々にとって、マカはきびしい自然環境のなかで子孫を絶やさないための大切な 栄養源で妊娠適齢期の女性や男性の滋養強壮源のほかに、成長期の子供の栄養補給食として用いられて きました。

実際に現地でマカを常食している婦人は多産で、しかも双子を産むことが多いようです。

これはマカが豊富に含むアミノ酸やビタミン、ミネラル類、活性物質が女性の受胎能力を高め男性の 性機能向上を促進させることを、はるか昔からわかっていたからです。

原産国ペルーの歴史からみるマカ

インカ帝国の時代には、マカは特権階級の食べ物で、戦争で活躍した戦士の褒賞として使われました。 現地ではマカを「アンデス薬草の女王」と呼び、豊富な栄養素をたたえています。

興味深いのは、インカ帝国の時代には、結婚前の若者はマカを食べるのを控えるべき、とされていたことです。

これは、若い男女がマカを食べると性機能が活発になりすぎて、結婚前の性的な関係が乱れる、と考えられていたためです。

特に、天日乾燥したマカは栄養素も高く、保存食として、妊娠適齢期の女性や成長期の子供に積極的に供され、逆に結婚前の若い人はマカの利用を控えめにすべきだといわれています。

マカは夫婦の妊娠しやすい環境作りに最適

マカには、女性の生殖機能を活性化し、受胎能力を調整する働きを持つリジンと、成長ホルモンの分泌をうながすアルギニンが豊富に含まれています。

女性ホルモンの分泌が盛んになると、卵子の成長が正常に進み、排卵障害、生理不順などが解消されます。

男性の場合は、精巣の精子を作る機能が活性化され、精子の数が増加し、運動能力が高く元気な精子が作られます。

マカにはホルモン系をはじめ、免疫系、血管系など人間が生きていくうえで不可欠な機能を高め、 体調をトータルに整える働きがあります。

その結果、生殖機能の働きが活発になって、妊娠を促進する高い効果が表れます。

マカサポートデラックス

赤ちゃんが欲しいご夫婦に人気のマカサポートデラックス

妊娠しやすい環境作りにペルー、アンデス山脈のボンボン高原でとれた天然の純粋100%のマカをおすすめしています。

ペルーのアンデス地域でマカを常食している女性は多産であるといわれているからです。

マカサポートデラックスはたくさんのご夫婦に「赤ちゃん誕生」と言う朗報をもたらしてきているペリー原産の最高品質のマカです。

赤ちゃんが欲しい、二人目がなかなか妊娠しない、男性不妊、生理不順、生理痛、冷え性、更年期、女性ホルモンの改善などさまざまな方々にご愛飲いただいております。