基礎体温の高温期が体の症状の情報源になる?

高温期

基礎体温の高温期は排卵日を知る以外にも貴重な体の症状の情報源になります。ここでは基礎体温の高温期からわかる症状を説明します。

高温期は通常、約14日間であると言われています。
高温期というのは排卵から月経が来るまでの間に見られる体温が少し高めになる時期のことを指しますから、高温期が短い、低いという場合、排卵もしくは排卵後に形成される黄体に何らかの異常があるかがわかります。自分の体の症状を知り妊娠しやすい体作りをしましょう。


基礎体温の高温期のパターンこんな可能性が

高温期は平均、36.7度から37.0度前後くらいで約14日になるのが一般的とも言われています。しかし、人によって高温期はさまざまで平均36.5度 でも高温期である方ももちろんいます。そこまで限定的に考えなくても良いです。

基礎体温のグラフを作成することで、必然的にあなたの高温期と低温期が判断 できるようになります。また基礎体温の高温期のパターンを知ることで、体の症状がわかります。


基礎体温の高温期が低い

基礎体温の高温期が低い場合、無排卵月経が疑われます。排卵がなくても月経は起こるのです。
黄体ホルモンのバランスがくずれ下記の場合が考えられます。

 

基礎体温の高温期が低い場合考えられること

生殖器系・消化器系の機能低下・ストレスや自律神経の乱れた状態、エネルギー不足・血液の栄養分の不足した状態、高温期を維持するだけの体の熱がないということなどがわかります。

また、プロラクチン値が高いことも考えられ、疲れやすい方や貧血の方に多いタイプですので、鉄分などの栄養補給にも気を配り妊娠しやすい体作りをしましょう。


基礎体温の高温期が下がるのが早い

正常な基礎体温の高温期は、排卵後に10日以上つづきます。
ところが高温期が9日以下と下がるのが早い場合は、卵が未熟だったり、黄体機能不全の疑いが考えられます。

生殖器の冷え、あるいは子宮が冷えて、血液循環が 悪い状態の可能性があります。冷え性に気をつけて妊娠しやすい体を作りましょう

基礎体温の高温期が低い場合考えられること

・冷え性


高温期が長い基礎体温のグラフ

正常な基礎体温のグラフは排卵後に10日以上の高温期がつづくのですが、高温期が21日以上つづくときには、妊娠が考えられます。

また、妊娠後に流産の可能性もあります。
すぐに病院を受診しましょう。ほかにも内科的な病気が隠れていることもありえます。