妊娠適齢期

女性の妊娠適齢期は?

一般的に、妊娠適齢期は20~34歳といわれています。それは35歳くらいから、受精卵になり得る健康な卵子が極端に減ってくるからです。

そうするとどんなにタイミングを合わせても、健康な卵子の多い世代と比べ妊娠しにくくなってしまいます。 卵子は減少するだけでなく、老化もしていきます。

また加齢に従って、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌量も低下するため、妊娠を維持する力も低下していきます。

卵子数と年齢の関係

卵子は生まれる前から減りつづけている

卵子は女性が胎児の時期につくられていて、生まれてから数がふえることはありません。つまり、卵子の年齢は女性の実年齢プラス1才ということになります。

誕生時に蓄えられた卵子の数は約200万個。初潮を迎えるまでは卵巣の中で眠り続けますが、その間も数は自然減少しています。

上のデータを見てもわかるとおり、女性の加齢とともに卵子も加齢し、その数は減り続けます。

20~30代前半は妊娠に適した質のいい卵子が多いのですが、30代後半からは質が低下し、妊娠率が下がってきます。

それがいわゆる卵子の老化で、老化をくい止める方法はまだ見つかっていません。

好娠に適した健康な卵子は日々減り続ける!

生まれたときには約200万個あった卵子は、思春期のころには約30万個まで減ります。

その後も、1度の月経周期で約1000個、1日にすると30~40個のペースで減少するといわれています。

卵子の全体数が減れば、妊娠に適した健康な卵子の絶対数も当然減ってきます。

そこに卵子の老化も加わり、年齢とともに妊娠率が低下するというわけです。

年齢と卵子の数が密接に関係していること、いつでも産めるはまちがいで、医学的には妊娠適齢期が存在することがわかると思います。

男性にも妊娠適齢期がある

卵子と受精するための精子が少なくなったり、運動率が低くなったりすれば、妊娠にいたる確率が下がります。

卵子と違い、精子は老化しませんが、機能は衰えます。 まずは精巣機能の衰えにより、精子の数が減っていきます。

さらに運動率(子宮のなかで動くスピード)が低下するなどといった弊害がでてきます。

また、加齢により性欲を司る「テストステロン」というホルモンの分泌量が減ることで、性欲が減退しセックスへの意欲が低くなります。

このテストステロンが減少しはじめるのは25歳くらいの頃。案外早い段階で減少がはじまっているのです。

40歳頃には精子の造成機能が衰え「精子の質」の低下が見られます。このことから、男性の適齢期は40歳くらいまでといわれることが多いのです 。

マカ

マカには女性ホルモンの分泌を促す働きがあります

マカには、女性の生殖機能を活性化し、受胎能力を調整する働きを持つリジンと、成長ホルモン の分泌をうながすアルギニンが豊富に含まれています。

女性ホルモンの分泌が盛んになると、卵子の成長が正常に進み、排卵障害、生理不順などが解消されます。

男性の場合は、精巣の精子を作る機能が活性化され、精子の数が増加し、運動能力が高く元気な精子が作られます。

マカにはホルモン系をはじめ、免疫系、血管系など人間が生きていくうえで不可欠な機能を高め、 体調をトータルに整える働きがあります。

その結果、生殖機能の働きが活発になって、妊娠を促進する高い効果が表れます。