不妊治療の目安

不妊治療

不妊治療は2年を目安に

不妊の原因は非常に複雑で、治療も一筋縄ではいきません。

現代医学では原因がわからない場合もありますし、治療は済んでいるはずなのに妊娠しない場合もあります。

妊娠という結果がえられなかった 場合の判断には難しいものがあります。

100%妊娠できるとは、医師にはいえないのです。

妊娠の場合、ひと月に1度の排卵だけが頼りです。1年間のチャンスは12回のみ。

毎月挑戦しても、成功するとは限りません。運任せの要素もあります。

このような理由で不妊治療は長期化するのです。

治療中止を考える期間の目安としては、治療をはじめてから2年が妥当です。

2年だつと検査も治療もほとんど試してきたはずですから、行き詰まりを感じる人もいます。

ひと休みすることも考えましよう。

気分転換も大事

「今回うまくいかなかったらやめよう」、そう決めてから治療を受けるも失敗。 しかし諦められず、「もしかしたら、次は妊娠できるかも」と思い、「次こそは、次こそは」と治療を続けてしまう人もいます。

しかし治療を休むことも大切なのです。 ひと休みのつもりで通院をやめて気分転換したら、妊娠したという人もいます。

1度治療をやめて、数年後に再びチャレンジするというのも選択肢のひとつです。

プレッシャーをかけずに心を開放することで体の調子がよくなることもあります。

悩んだら気分転換することも考えましよう。 医師も了承してくれるはずです。

不妊治療を 休む・やめる理由

年齢の問題

長期間治療を続けてきた人が直面するのが年齢の問題です。

加齢とともに妊娠率が下がってくることに加え、「今、こどもを産むと、こどもが20歳のときに自分がいくつになるのか」という問題も生じてきます。

経済的理由

不妊治療は無料ではありません。治療は続けたいけど、貯金もなくなって経済的に厳しいという人もいます。

ボーナスがもらえず、お金が貯まるまで一時中断というケースも。

心身の問題

治療が長期化すると、出口のない迷路をさまよっている気分になるという話はよく聞きます。

治療や薬が合わず、体調をくずす人もいます。

長期化したときの転換方法

病院を変える

不妊の治療法もさまざまあり、担当医師の治療方針が合わないという場合もありますし、単純に医師と相性が悪いという場合もあります。

病院を変えることも考えてみましょう。

生活環境を変える

仕事をやめる、あるいは逆に負担にならない程度に慟くなどして、生活環境を変えるのも選択肢のひとつです。気分転換できる趣味を持つのも有意義かもしれません。

ご懐妊報告

本当に今までが嘘みたいです。戸惑いと感激です。

熊本県熊本市 匿名希望 26歳

本当に本当に本当にすごい。私は、卵巣腫瘍の手術もして、3年前に一度赤ちゃんをおろしたこともあり、それからか、結婚して2年半不妊に悩まされ、不妊治療もしていました。

けど、原因という原因もないと言われ、治療も難しく、このマカサポートデラックスをネットで見つけました。

その時、愛用者の声を聞いて、希望ができ、早速飲み始めました。

1ヶ月飲んで、また注文し、半月飲んでドキドキしてました、これもいつ結果でるかとか、不妊治療もその時、息詰まっていたので、何回か人工授精もしてたのですが、たまたま忙しくて普通にタイミングをとりました。

そして、マカを飲み続けて生理予定日が来ました、珍しくその日こなくて、一週間後薄い血や茶色いおりものがでてショックうけて、ま た不妊治療の病院に行き、いつものように治療をしようとしてた時、血がちょこちょこ一週間以上たっても止まらなかったので、また病院に行ったら妊娠してま すねと言われ驚きでいっぱいでした。

本当に今までが嘘みたいです。戸惑いと感激です。