二人目不妊

二人目不妊

続発性不妊、二人目不妊と呼ばれています。

二人目不妊とは次の子を希望しているのに、出産後2年以上妊娠しない場合を言います。

二人目不妊の原因として考えられるのが、もともと妊娠しにくい体質だったことが上げられます。

もともと妊娠しにくい体質ならば、年齢を重ねるだけ妊娠するのは困難になります。

また、第1子出産後の異常な体重増加や出産によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまったことにもよるといえます

第2子不妊の可能性も

1人目はできたのに、2人目がなかなかできなくてという人は第2子不妊かもしれません。

心あたりはありま せんか? すでにこどもがいる夫婦でも、2人目ができない場合を、「第2子不妊」と呼びます。

人の妊娠能力というのは変わらないものだといわれがちですが、それは間違いです。 第2子不妊を引き起こす、もっとも多い原因のひとつは「年齢」です。

妊娠能力は年をとるごとに低下していきますが、女性は男性に比べて急激かつ早い段階で低下しています。

また、女性の体は日々変化していますから、1人目のときには支障がなかったのに、出産後にホルモンバランスがくずれたりして、2人目ができにくい体になってしまっている場合もあります。

さらに、体重の増加や、座ったままの姿勢が多いライフスタイル、甲状腺の病気や糖尿病などが第2子不 妊を引き起こすことも。

あなた自身 かパートナーが薬物治療中であることも不妊の原因になります。

実はもともと不妊症だったり‥

第2子不妊の場合も、通常の不妊検査を行うことになります。ただし、1度は妊娠しているわけですから、 子宮奇形や染色体異常といった先天性の問題はないと考えてよいでしょう。

よくよく検査をしてみると、1人目は無事に出産できたものの、男女ともに、実はもとから不妊原因があ ったという場合が多くみられます。

第1子を幸運にも妊娠して出産したような場合、「不妊」の可能性を疑うことはあまりないかもしれません。

しかし、「発見の遅れ=治療の遅れ」です。

年齢がすすむと治療はますますむずかしくなりますから、不安を感じたらすぐに受診しましょう。

診察を受けるタイミング

1人目を出産してから1年以上たっている

1人産んで1年以上不妊が続くなら、医師の診察を受けましょう。

少しでも不安に思ったらすぐに病院へ

発見の遅れが治療の遅れ。ためらわずに病院へ行きましょう。

妊娠しやすい環境作りにマカを

マカには、女性の生殖機能を活性化し、受胎能力を調整する働きを持つリジンと、成長ホルモン の分泌をうながすアルギニンが豊富に含まれています。

女性ホルモンの分泌が盛んになると、卵 子の成長が正常に進み、排卵障害、生理不順などが解消されます。

男性の場合は、精巣の精子を 作る機能が活性化され、精子の数が増加し、運動能力が高く元気な精子が作られます。

マカにはホルモン系をはじめ、免疫系、血管系など人間が生きていくうえで不可欠な機能を高め、 体調をトータルに整える働きがあります。

その結果、生殖機能の働きが活発になって、妊娠を促進する高い効果が表れます。