生理痛を和らげる

生理痛を和らげる方法

生理の痛みの原因

ひと言で「生理痛」といっても、その痛みには、種類や部位、感じる期間など、 さまざまな要素が複雑に絡み合っています。不調の原因別に、対処法を知っておきましょう。

生理の痛みを引き起こす要因を知れば、上手にケアできる

生理痛の症状が複雑なのは、痛みを引き起こす要因にいろいろなものがあり、それらが絡み合って起こるからです。

とくに大きな要因となっているのが、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」「プロスタグランジン」「うっ血」の3つ。

大きく分けると、排卵から生理前はおもに黄体ホルモンが、生理直前から前半はプロスタグランジンが、生理後半はうっ血が、生理特有の不調を生み出しています。

簡単ににいえば、生理の時期や症状を考えながら、これらの要因に合った対策をとれば、痛みが和らぎやすいということに。

どの時期がいちばんつらいのか、どんな症状があるのか、自分の生理痛の特徴をじっくり観察してみましょう。

また不調の原因が違うので対処法も違います。それぞれの生理痛の時期別の基本ケアを紹介します。

生理前の痛みの原因

イライラ・頭痛が起こりやすい

起こりやすい不調

頭痛

肩こり

胃痛

乳房痛

むくみ

その他のマイナートラブル (イライラしやすい、眠い、だるい、集中力がない)

この時期の痛みが起こる要因は黄体ホルモン

生理の周期にかかわる2つの女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)のうち、生理痛の要因は黄体ホルモン。

排卵から生理の直前までの間、急激に増え、減っていくというカーブを描きます。

この急激な変化は、体をコントロールする自律神経のバランスも乱し、頭痛や胃痛など、体のあちこちに不調を感じさせることに。

また、黄体ホルモンには乳腺を発達させたり、体温を上げたり、体内の水分を引き出す作用があるため、乳房が痛くなったり、だるさや眠気を感じたり、下半身がむくんだりということもおこりやすくなるのです。

生理直前~前半の痛みの原因とセルフケア

おなかがキリキリ、めまいや頭痛も

起こりやすい不調

下腹部の鈍痛

下腹部のキリキリした痛み

頭痛

腰痛

その他のマイナートラブル(だるさ、吐き気、眠気、むくみ、下痢)

この時期の痛みが起こる要因はプロスタグランジン

生理の直前から生理の前半までは、黄体ホルモンの分泌が少なくなる一方で、プロスタグランジンという物質が急に増えます。

プロスタグランジンには、子宮の収縮を促す作用があり、生理の経血を体外に排出する役割を果たす成分。

でもプロスタグランジンの量が多すぎると、収縮がすぎて、キリキリとした痛みを感じることに。

また血管を収縮させる作用もあるので、頭痛や腰痛、手足のしびれ、冷えやだるさがひどくなることもあるのです。

さらに胃腸の動きも促進させることから、吐き気や下痢を起こすこともあります。

生理後半の痛みの原因とセルフケア

腰が重い、だる~い

起こりやすい不調

下腹部の鈍痛

腰まわりの痛み

頭痛

その他のマイナートラブル(だるさ、冷え、むくみ)

この時期の痛みが起こる要因はうっ血 

生理の後半になると、かなり楽になってくるものの、下腹部の鈍痛は続きます。

なかには、子宮が絞られるような痛みを感じる人も。

また、ウエストがひとまわり大きくなったような重苦しい感覚を腰のあたりに感じる人もいるでしょう。

これらの痛みは、血液の流れが滞る「うっ血」によって起こります。

生理の後半は、黄体ホルモンやプロスタグランジンの量は減ってきているのですが、それらの物質の作用で起きたむくみや血管収縮などの影響はまだ残っています。

その結果、うっ血の状態が長引き、なかなかすっきりと痛みやマイナートラブルが解消しないのです。

ご懐妊報告

本当に心から感謝しております!

埼玉県さいたま市浦和区 リカ子  30歳

26歳で結婚し子どもは30歳になってからと、たかをくくっていました。冷え性、生理痛もありましたが余り気にしてませんでした。

28歳を過ぎたころから、だんだん生理痛がひどくなってきて子宮内膜症ではないかと心配になり、思い切って受診したところ、卵管がつまり気味であることがわかりました。

妊娠には支障がないとの診断でしたが、友達がつぎつぎ妊娠して少々焦っていた私は、不妊治療を受けることにしました。生理2日目から排卵誘発剤を服用し、排卵が近くなったら注射を受けるという治療を半年近く続けましたが妊娠には致りませんでした。

そんなときマカサポートデラックスを友人から勧められ飲んでみる事にしました。主人も興味を示し二人で頑張ろうと言ってくれました。飲みはじめてしばらくして生理痛がいつの間にかほとんど感じられなくなり、冬の寒さもさほど苦にならなくなりますた。

主人も朝の目覚めが良くなって、とても元気になってきました。そんな時やっと待ちに待った待望の赤ちゃんが授かりました。今6ヵ月に入りました。安産のためにいまも飲み続けています。

生理痛のセルフケア