熱いお風呂に入ると精子によくない?

快適に感じる程度であれば、問題はありません。

不妊症

男性の性器は精子を作る精巣(章丸)と、それを放出する陰茎(ペニス)から成り立っています。 精子は、31〜33℃と体温よりやや低いくらいの温度で最もよく活動するため陰嚢と呼ばれる袋に包まれる形で、身体の外にぶら下がっています。 陰嚢にはたくさんのシワがあり、これは、精子をほどよい温度に保つ働きをするものです。

外気の温度が高い時には、シワを伸ばして熱を発散させる冷却器のような役割を果たします。 このように精子は熱に弱いものなので「熱いお風呂はよくないのではないか」と考えても無理はありません。

しかし上で述べたように、陰嚢が精子を適温に保つようになっているので、それほど心配する必要はないでしょう。 ただし、極端に熱い湯やサウナにのばせるほど長時間入るのは、避けたほうが賢明です。 熱すぎるお湯は精子の活動を妨げるだけでなく、身体や心臓に負担をかけてしまうもの。

しかもお湯を「熱い」と感じていても、身体の芯まで温めるには時間がかかるため、短時間で出てしまっては効果がありません。 入浴の適温は40℃前後。ややぬるめのお湯にゆったりとつかることが、ストレスの発散やリラックスには効果があります。


関連リンク

男性不妊

不妊原因の約半分は、男性側の問題であることがわかっています。


赤ちゃんが欲しいご夫婦に人気のマカサポートデラックス

妊娠しやすい環境作りにペルー、アンデス山脈のボンボン高原でとれた天然の純粋100%のマカをおすすめしています。ペルーのアンデス地域でマカを常食している女性は多産であるといわれているからです。

マカサポートデラックスはたくさんのご夫婦に「赤ちゃん誕生」と言う朗報をもたらしてきている最高品質のマカです。

赤ちゃんが欲しい、二人目がなかなか妊娠しない、男性不妊、生理不順、生理痛、冷え性、更年期、女性ホルモンの改善などさまざまな方々にご愛飲いただいております。