妊娠しやすい身体作り

妊娠しやすい身体作り

妊娠しやすい生活習慣で妊娠しやすい身体作りを

妊娠する力は、自分たちのちょっとした努力でも高まります。健康的な生活を心がけ妊娠しやすい身体作りをしましょう。食事や服装といった、普段の生活を見直すことも大事です。

不規則な生活や運動不足、ストレスなども妊娠力の低下を招きます。まずは毎日の生活スタイルを見直して妊娠しやすい身体作りをしましょう。

血行をよくする生活をこころがける

妊娠を望むなら、まずは血行がよくなるような生活を目指しましょう。 女性の場合、骨盤内の血流が悪くなると、卵巣や子宮にも影響が出て、妊娠力を低下させます。

男性の場合も、精巣内の血流が悪くなると精子の形成に影響がでることも。妊娠したい人にとってとくにからだの冷えは大敵です。冷えから血流が悪くなり、ホルモンバランスをくずすこともあります。

露出の多い服装は避け、スカートの下にきつすぎないオ-バーショーツなどをはいて、おなか周りをできるだけ温かく保ちましょう。 からだを強く締めつける服装も、血流を妨げます。

男性も女性も、ジーンズやガードルは、適度にゆとりのあるものを選びましょう。

血行をよくするには、運動を取り入れることも大切です。ウォーキングなど、普段の生活に取り入れやすいものを選ぶと長く続けられます。

毎日の食生活が大切です。

妊娠力を高めるには、まず健康なからだづくりが大切です。バランスのいい食事をこころがけましよう。

毎日なにげなく食べている食材の中にも、不妊改善に役立つ働きをするものがあってご存知でしたか? 特別高価なものや、変わったものを買わなくても、スーパーで購入できるこれらの食材を意識して毎日食べることで、妊娠しやすい身体作りをしましょう。

標準体型を保ち、無理なダイエットはしない

標準体型かどうかの目安は、BMI値=体重(kg)÷〔身長(m)×身長〕が18・5以上25未満を保つようにしましょう。

BMI値が極端に低がったり、高かったりする、やせすぎや太リすぎの人は、ホルモンが正しく分泌されず、月経や排卵のトラブルを招く可能性があります。

例えば、女性でやせすぎの人は、適度な体脂肪がなく、ホルモンの原料となるコレステロ-ルが不足気味。このためホルモンの分泌が抑制されやすいのです。

逆に、太リすぎの人はホルモンを運ぶたんぱく質(筋肉)が少なく、ホルモンの流れが滞りやすくなります。

とはいえ、無理なダイエットも危険です。短期間に体重が大幅に減少すると、ホルモンの分泌を司る脳の視床下部から指令が出にくくなり、卵巣の働きが悪くなってしまいます。

太り気味の場合はゆるやかに減量をするようにしましょう。

ストレス

ストレスやプレッシャーが妊娠力を低下させることも

女性も男性も仕事などでプレッシャーを感じたり、妊娠したいという思いが強すぎてストレスをため込んだりすると、妊娠力が落ちることがあります。

とくに脳の視床下部は、ストレスの影響を受けやすい場所です。 強いストレスを受けると、妊娠に必要なさまざまなホルモンを分泌するための指令が出なくなることもあります。 ストレスは上手に解消するようにしましょう。

マカサポートデラックス

妊娠しやすい体作りにマカサポートデラックス

マカには、女性の生殖機能を活性化し、受胎能力を調整する働きを持つリジンと、成長ホルモンの分泌をうながすアルギニンが豊富に含まれています。

女性ホルモンの分泌が盛んになると、卵子の成長が正常に進み、排卵障害、生理不順などが解消されます。

男性の場合は、精巣の精子を作る機能が活性化され、精子の数が増加し、運動能力が高く元気な精子が作られます。

マカにはホルモン系をはじめ、免疫系、血管系など人間が生きていくうえで不可欠な機能を高め、 体調をトータルに整える働きがあります。

その結果、生殖機能の働きが活発になって、妊娠を促進する高い効果が表れます。