男性の妊娠しやすい体チェック

妊娠しやすい体チェック

不妊の割合は、ほぼ男女半々

男性不妊の割合は不妊の原因の約半分です。男性不妊も病院で検査をしてみないと、精子の状態はわかりません。

自覚症状がないからと検査を先延ばしにせず、女性といっしよに男性不妊の検査を受けしましょう。

こんな症状があれば、男性も早めに病院で検査を受けましょう。

①性欲がほとんどない

②セックスのとき勃起しない

③セックスのとき射精できない(腟内で射精ができない)

④1回の射精で出る精液の量は約2ml以下だ

⑤精巣(陰嚢)が小さいまたは左右の大きさが違う

⑥思春期以降におたふくかぜにかかった

⑦停留精巣の手術をしたことがある

⑧そけいヘルニアの手術をしたことがある

⑨タバコを吸う

⑩ストレスが強く、疲労感が抜けない

チェックのポイントは

疲労や極度の緊張状態が続くと、①のように性欲に影響することがあります。

また、②・③はED(勃起不全)や射精障害、④は精子の数が少ない、⑤は精索静脈瘤という病気の可能性が疑われます。

そのほか、⑥・⑦は精子をつくる機能に問題が、③は精子を運ぶ精路が詰まっている場合もあります。

⑨の喫煙者は、そうでない人よりも精子の数や運動率が低いとされ、⑩のように強いストレスがあると、勃起や射精に影響することがあります。

男性不妊の改善