妊娠初期症状

妊娠しやすい食べ物

妊娠初期の症状は、気づいていないことが多いのですが、身体の中では女性ホルモンのバランスが大きく変化しています。その変化によって体にはいつもと違う さまざまな症状が出てきます。

それが、妊娠初期症状です。妊娠初期症状は、妊娠してから15週までを妊娠初期といいます。


妊娠初期症状はどんなものがある?

妊娠初期症状でポピュラーなのは、生理が遅れることがあります。その他の妊娠初期症状には下記のようなものがあります。

初期症状@下腹部痛

生理予定日の1週間から10日ぐらい前から下腹部に痛みを感じる人が多いです。下腹部痛の感覚としては、下腹部全体が重く痛くだるい。

初期症状A胸の張り

女性ホルモンの変化の影響で胸を触るとかたかったり、触らなくても張っているのが分かるようになります。

初期症状B下腹部の膨満感、便秘

下腹部が窮屈に感じたり、空気が溜まっているように感じる状態です。便秘がちになります。

初期症状C微熱が続く

熱が37度位の微熱の体温が続きます。妊娠した際には、朝晩に関係なく体が暑いのが分かるほどです。 基礎体温が高温期のまま続きます。

初期症状D眠気

常に眠気を感じます。

初期症状E吐き気

一般的に「Morning sicknessつわり」と言われているものです。特に空腹時のつわりとしての嘔吐感です。普段口に出来ていたものが気持ち悪くなったり、食べ物の好みが 偏ってしまったりするのがつわりの現象です。このような「つわり」の症状が出れば一層妊娠の初期症状に近くなります。またつわりと一緒に妊娠初期症状とし て頭痛にひどく悩まされる場合があるようです。頭痛が余りにひどい場合は病院に行きましょう。


妊娠初期症状のまとめ

妊娠週

妊娠初期症状

胎児の状態

0〜3週 妊娠していても本人が気がついてない場合が多いです。 3週から受精卵が子宮に着床して妊娠した状態にはいります。大きさは5ミリから1センチで、重さも1グラム程度になります。
4〜7週 妊娠検査薬でも陽性反応が出るようになります。
生理がとまる 
生理に似た出血がある 
基礎体温の高温期が続く 
おなかが張るような感じがある
つわりがある 
頭部が体の半分を占めますが、頭部と胴体の区別ができるようになります。
まだ性別の区別はつきません。
8〜11週 頻尿になる
便秘がちになる
胸や下腹部が張りがある
乳頭や乳頭が黒ずんでくる
乳白色のおりものが増える
つわり がある
少量の出血に注意してください
胎児の身長7センチから9センチ程度になり体重は20グラム程度になります。男女を見分ける生殖器も発達して、男女の区別が分かるようになります。
12〜15週 胎盤ができることにより、流産の危険性が下がります。

つわりの症状が軽くなります。
腹部の膨らみが外見から分かるようになります。
つわりは治まっても、胎児は大きくなるので腸や膀胱を圧迫されて便秘や頻尿は続きます。

胎児の身長は16センチ 、体重は120グラム程度になります。胎児がたくさんの栄養と酸素を吸収することが可能になるので、成長の速度がアップします。